カラダ

いつでも元気な彼女の秘密!アクティブレスト(積極的休養)とは?

休んでも休んでも疲れている

休み明けからもう体がだるい

休日が待ち遠しくて仕方がない

 

そんなあなたは休み方が間違っているのかもしれません。

元気な女性はそれだけで魅力的ですよね。

 

疲れを取るためにあえて体を動かすアクティブレストという休み方があります。

ただじっと家で寝ているだけでは疲れが取れない方にぜひ試していただきたい休息法です。

 

 

アクティブレストとは?

安静・休養・睡眠などの消極的休養をパッシブレストと呼ぶのに対して、

アクティブレストは積極的休養とも呼ばれています。

 

軽い運動で体を動かすことで、疲労物質を排出し疲労を回復させる休息法です。

 

普段デスクワークなどで筋肉を使わないと、疲労物質が留まってしまい、肩こりやだるさの原因になってしまいます。

筋肉を動かすことで血液の循環をよくすることで、溜まっていた疲れを取り除く目的があります。

 

スポーツをした後、クールダウンをしますよね?

あれも実はアクティブレストのひとつです。

 

アクティブレストの驚きの効果!体だけでなく心も休まる

アクティブレストのような軽い運動は、幸せホルモンとも呼ばれるセロトニンの分泌を活性化させる効果があります。

ただ体の疲れを取るだけでなく、イライラなどストレスを取り除き、

心の疲れも取り除いてくれる効果があるのです。

 

毎日元気でいるためには心も元気でないといけません。

そのためにはだらだらお休日を過ごすのではなく、

アクティブレストのような運動を選択することも大切なのです。

 

アクティブレストのやり方は?どんなことをするの?

アクティブレストといってもこれといってきまった運動があるわけではありません。

 

・息が上がらない程度に続けられる

・心地いいと感じる

程度の負荷量であれば、どんなことをしてもOKです。

 

アクティブレストの例としてよく挙げられるのが、

ヨガやストレッチ、ウォーキングです。

特にヨガやストレッチは、筋肉を伸ばして循環を良くするだけでなく、副交感神経を刺激しより体をリラックスさせてくれる効果があるのです。

 

じゃあウォーキングをすれば疲れが取れるのかというとそうでもありません。

1時間ずっと早歩きを続ければ逆に疲れてしまいますよね。

最適な負荷量というのは人それぞれです。

先ほどお伝えした2つのポイントを守って、自分に適した運動・負荷量を選びましょう。

 

あなたも正しい休み方を知って、疲れ知らずの体を手に入れてみませんか?

-カラダ

© 2021 みんなのダイエット