カラダ

脚痩せできない原因は股関節の外旋にあった?

細くならない下半身

パンパンに張った太もも

中々脚が痩せない…と嘆いてはいませんか?

 

あなたの脚が痩せにくいのは、実は股関節の外旋筋が関係しているかもしれません。

 

股関節の動きには6種類ある

関節にはそれぞれ動く方向が決まっています。

曲げる・伸ばすしかできない関節もあれば、様々な方向に動く関節もあります。

股関節の動きは、屈曲(曲げる)・伸展(伸ばす)・外転(横に広げる)・内転(内側に閉じる)・内旋(内側に捻る)・外旋(外側に捻る)の6通りに分けられます。

これらの動きがいくつか組み合わさって、複雑な動きを作り出しています。

6方向に動くのは、体の関節の中でも特に運動方向が多い関節です。

また、動く方向が多いということはつまり、動きが繊細であるということでもあります。

股関節には大小20以上の筋肉が付いています。

単純に伸ばす・曲げる、の動きだけでいい関節と違い、ずれたり動きがかたよったり、といった不調が出やすくなってしまいます。

 

股関節の外旋がしまった足と丸いお尻を作る

股関節の外旋の筋肉はお尻の外側の筋肉や太ももの筋肉につながっています。

股関節の外旋がうまく働かなくなると、他の筋肉の働きも妨げてしまい、

結果的にお尻・脚全体が動かしにくく、痩せにくい状態になってしまいます。

 

股関節の外旋は、太ももの骨を外に回す動きで、立ち姿勢で爪先が外を向いているのが外旋している状態です。

逆に爪先が内側を向いた内旋の状態になると、脚全体は外側の筋肉に負担がかかりやすくなってしまいます。

お尻の筋肉も使いにくくなり、お尻が垂れて足の外側が張り出したように太い下半身になってしまうのです。

 

また、外旋筋は股関節の筋肉の中でも深層についているインナーマッスルです。

骨盤底筋との関係も報告されており、骨盤の安定性や姿勢にも大きく関わってきます。

骨盤底筋のトレーニングとして、よくある「お尻を締める」という動きよりも、股関節の外旋筋を動かすようなアプローチが有効ともされています。

 

綺麗なヒップと脚のライン、そして姿勢を整えるためには股関節の外旋は超超超重要なポイントなのです。

 

次回、具体的にお伝えしますね!

期間限定セール

期間限定!お見逃しなく!!!

みんなのダイエット チャットで栄養相談は、2週間と4週間もプランをご用意していますが、今回、このページを読んでくださったあなただけに、2週間プランを30%オフでご案内させていただきます! こんなに簡単な工夫で、毎朝の目覚めがスッキリ、体脂肪も少しづつ減ってきた。お肌の調子も上がってきた。そんな声も聞かれるみんなのダイエット チャットで栄養相談を受けていただく,またとない機会です。 この機会に、是非ご利用ください。
みんなのダイエットへようこそ

続きを見る

-カラダ

© 2023 みんなのダイエット