カラダ 美容

美しさは髪で決まる。美髪になるにはシャンプーの方法を変えるだけ

朝起きると髪がうねってまとまらない…

枝毛や切れ毛に悩まされている…

髪のパサつきが気になる…

 

そんな髪の悩みを抱えた女性は多いでしょう。

 

「髪は女の命」との言葉通り、

美しい髪は女性の自慢にもなり、美しさを引き立てるとても大切な要素です。

 

高いヘアケア用品を使ったり、

毎月ヘッドスパやトリートメントをしに行く、

という方も多いでしょう。

 

それなのに、一番大切な、

「毎日のシャンプー」というヘアケアを忘れてはいないでしょうか。

 

見た目年齢の8割は髪で決まる

スキンケアやネイル、ファッション、

美しさのためには整えなくてはいけないことがたくさんあります。

しかし、それらのケアをどれだけ頑張っても、たったひとつダメなだけで台無しにしてしまう部分があります。

 

それが「髪」です。

 

人の第一印象を決める要素のほとんどは視覚、つまり見た目です。

視覚が占める要素は約8割。

全体の中でも髪は大きな要素を占めていて、印象を左右しやすい部分でもあります。

髪一つで、見た目の印象、年齢も大きく変わってくると言うことです。

髪のボリュームやダメージによって、

見た目年齢は5歳以上変わると言われています。

 

髪のケアというのは、美しさを保つ上でそれだけ大切なのです。

 

毎日のシャンプーで美髪になる

ドライヤーやヘアアイロンの熱、ヘアワックスなどの整髪料、

紫外線や花粉など、髪はどんどん痛んでいきます。

絡みやほつれを放置すると、そこから更に痛んでしまう原因になります。

 

毎日のシャンプーでしっかり汚れを落とし、痛みにくい髪へ整えてあげましょう。

 

【正しいシャンプーのやり方】

①シャンプーの前にブラッシングをして、からんだ髪をほどいておきます。

②シャワーでまんべんなく流しましょう。

水で流すだけでも汚れの半分は落ちると言われています。

②シャンプーをしっかりと泡立てます。

髪の表面だけでなく、頭皮まで届くように奥まで泡を行き渡らせるよう、洗いましょう。

③すすぎ残しがないよう、しっかりと洗い流しましょう。

 

毎日使うからこそシャンプーはこだわって選ぶ

どうしても日用品というのは「お安く」「手軽に」が基本となりがちです。

しかし、化粧水や美容液は百貨店に行くのに、

なぜシャンプーやトリートメントはドラッグストアなのでしょう?

 

特に髪質をよりよくしたい、ダメージを押さえたい、

という方は、

思い切ってヘアサロンで販売されているシャンプーを使ってみてはいかがでしょうか?

 

担当の美容師さんは、あなたの髪を一番よくわかっている人です。

 

どんなシャンプーを使って、どんなケアが必要なのか、

ぜひ聞いてみてください。

とてもためになるアドバイスが聞けるはずです。

-カラダ, 美容

© 2022 みんなのダイエット