カラダ

腰痛に悩む人にやってほしいストレッチポール®︎簡単セルフケア

ストレッチポール®︎を使うと腰痛のセルフケアも簡単です

最近では、外出の自粛も全体的に緩和傾向にあり、以前と比較して観光など外に出て身体を使う機会が増えてきていますね。

 

身体を動かす機会が増えることはとても素晴らしいことです。

しかしその反面、久しぶりに身体を動かすようになって、元々ある腰痛が強くなったという方もいるかと思います。

 

そこで今回は、身体を動かすようになって強くなった腰痛に方に向けて、ストレッチポール®︎を使用した、セルフケアを紹介したいと思います。

 

今回紹介する内容は、ストレッチポール®︎の円柱状の形を利用して行うため、類似品や水の入ったペットボトルなどでも代用可能です。

 

「ストレッチポール®︎は持っていない」という人も、ぜひ最後までご覧ください。

 

腰痛の人にオススメセルフケア紹介

もちろんその人の生活習慣や業務なようにもよるところはありますが、身体を動かすようになって腰痛が強くなっている場合、主にお尻の筋肉が腰痛と関連していることが経験上多いように思います。

 

特に「中殿筋」と呼ばれる、お尻の外側にある筋肉が硬くなると、腰〜お尻にかけて痛みを引き起こしやすいと言われています。

 

そのため運動機会が増えたことによって津濃くなった腰痛に対してのセルフケアでは、主に中殿筋をほぐすことを主な目的で行います。

 

なんとなく難しそうなイメージがあるかもしれませんが、ストレッチポール®︎を使用すれば、簡単にケアできます。

 

【具体的な方法】

ストレッチポール®︎を身体に対して垂直になるように置いておきます。

 

骨盤の縁を手で触り、ストレッチポール®︎が骨に直接当たらないように注意して、お尻の筋肉に当てて横向きに寝ます。

 

体重がかかりすぎないように、反対側の脚は膝を立てたり、手で支えたりすることで強さを調整しましょう。

もっと強くしたい場合は、さらにストレッチポール®︎を転がすことでより深くほぐせます。

 

1分程度を目安に行い、それ以上行う場合は小休止を挟みましょう。

長時間行うことで血流が阻害されたり、筋肉を痛めたりしてしまう可能性があり、逆効果です。

 

刺激の強さも「痛みの出ない範囲」で行うことが重要です。

このようなセルフケアは、「痛みが出るほど効いている」と誤解している方も少なくありません。

 

適切な刺激量は重要ですが、痛みが出てしまう場合は過剰な刺激になっている可能性が高いため、一人で行う場合は痛みの出ない範囲で留めておくことが重要です。

ストレッチポール®︎を使って腰痛を解消しましょう

今回は、運動機会が増えたことによる腰痛に対してのセルフケアとして、ストレッチポール®︎を使用する方法をお伝えしました。

 

適切な道具を使用することで、セルフケアにかける時間やその効果もより高まることでしょう。

 

注意していただきたいことは、腰痛はその原因によって、どこをケアするべきか異なります。

当然人によって効果が出たり、人によっては逆効果になったりする可能性もあることを留意して、安全に行える範囲で続けていくことが重要です。

 

より詳細な説明やケアの方法はお近くの専門家に相談ください。

 

今回の内容が参考になれば幸いです。

-カラダ

© 2022 みんなのダイエット