カラダ

筋トレをすると女性ホルモンが減るってホント?

女性にとって大切なホルモン、女性ホルモン。

 

ダイエットには筋トレがお約束ですが、

筋トレをすることで女性ホルモンが減る、といううわさを聞いたことはないでしょうか?

 

そうでなくても、

「ムキムキになりたくないから筋トレしないでダイエットする」

という女性は少なからずいるのではないでしょうか?

 

今日は、そんな方に知っておいてほしいお話があります。

 

知っておきたい女性ホルモンの基本のキ

女性ホルモンは、女性らしい体つきを作り、女性特有の内臓の動きを調整してくれるはたらきがあります。

女性ホルモンには、「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類があります。

 

エストロゲンは脂肪の代謝を促し、内臓周りについた内臓脂肪を減らす役割があります。

プロゲステロンは、脂肪や水分を溜め込む作用があり、妊娠に備えて排卵前などに分泌が盛んになる女性ホルモンです。

どちらか一方が多くても少なくても、バランスが崩れて不調が生じてしまいます。

2つのホルモンがバランスよく分泌されることで女性の健康は守られているのです。

 

女性が筋トレしてもムキムキにはならない

筋肉をつくる働きがあるのは男性ホルモンです。

しかし女性が分泌する男性ホルモンの量はかなり少なく、女性は男性よりも筋肥大しにくいです。

そして女性の体は男性よりも女性ホルモンが多く分泌されています。

この女性ホルモンの中でも、エストロゲンの体脂肪を蓄える働きが、女性らしい丸みのあるボディラインを作るのです。

 

筋トレをすると男性ホルモンが増える、みたいな噂も出たことがありますが、

よっぽどホルモン治療などしない限り、男性ホルモンと女性ホルモンの割合は大きく変わりません。

 

よって女性がどれだけ筋トレをしたとしてもムキムキになることはほとんどありません。

安心してください。

 

筋トレをすると女性ホルモンは逆に増える

女性ホルモンが乱れる原因は、ストレスや運動不足です。

筋トレを適度に取り入れることで、女性ホルモンバランスの維持に良いとされています。

更には筋トレをすることで全身の血流がよくなり、内臓機能も改善しやすくなります。

 

はじめは負荷が軽いスクワットなどから始めるといいでしょう。

女性は元々筋肉がつきにくく、代謝も落ちやすいです。

なので、下半身を中心に、大きな筋肉を鍛えていくのが効率的だとされています。

 

 

筋トレに対して抵抗感があった人も、

むしろ筋トレをすることの良さに気づいていただけましたでしょうか?

ぜひ今日から積極的に筋トレを行って、綺麗なボディラインを作っていきましょう。

-カラダ

© 2021 みんなのダイエット