カラダ

【簡単】美尻を叶えるためのおすすめヨガポーズ ストレッチ編

お尻に悩みを抱える女性は90%にものぼると言われています。

 

垂れる、固くなる、大きい、筋肉質で嫌、

など、女性が抱えるお尻の悩みは様々です。

 

美しいヒップ=美尻のためには、

適度に引き締まった筋肉と、女性らしい丸みを兼ね備える必要があります。

 

しかし、カチカチに固まったお尻のままでは、トレーニング効果は半減し、形も悪くなってしまいます。

お尻の力が使いにくくなるため、姿勢も悪くなり、更に垂れ尻への道を進んでしまうのです。

 

それを防ぐためにもまずはストレッチで筋肉をほぐしていく必要があります。

 

本日は、家でもオフィスでもできるヨガポーズをお伝えします。

 

座っても寝ててもできる! 4の字ストレッチ

【座位バージョン】

右の足首(外くるぶしあたり)を左の太ももに乗せます。

そのまま大きく右膝を外側に倒します。

(この時、逆向きの4の字に見えるので4の字ストレッチと言います。)

 

左手で足首当たり、右手で右ひざを押さえましょう。

 

そのまま背筋を伸ばします(特に骨盤をしっかり起こすことを意識しましょう)

 

ゆっくりと前屈します。

 

5~10秒ホールド、又は3~5呼吸キープします。

お尻の外側から太ももにかけての伸びが感じられたらOKです。

 

ゆっくりと体を起こしましょう。

 

反対も同様に行いましょう。

 

【仰向けバージョン】

仰向けになり、膝を立てます。

右の足首を左の太ももに引っ掛けます。

 

右膝を外に広げます。

 

左脚から大きく両足を持ち上げ、膝を胸の方に寄せます。

 

開いた右足の膝裏から右手を通し、左のもも裏を持ちます。

左手も左太ももを抱えます。

 

首や肩が浮かないように注意しながら、キープしましょう。

伸びが足りない場合は、スネまで持ちましょう。

 

じっくりお尻を伸ばしてくれる 牛のポーズ(ゴムカーサナ)

両膝を立てて座ります。

 

右足を左足の下に入れ、踵が左のお尻の外側につくようにします。

膝がおへその前に来るようにします。

 

左足も右足の上に来るように回し踵~足裏を右お尻の外側につけます。

 

できれば両膝のラインは一直線で、おへその前に来るのが理想です。

※上の足側のお尻が浮きやすいため、その場合はクッションやタオルを挟みましょう。

 

手を軽く前につき、骨盤から背筋を伸ばします。

 

息を吐きながら前屈していきます。

 

ゆっくり息が吸えるところで止まり、3~5呼吸キープしましょう。

 

※頭を床につけようとすると背中が丸まります。背筋は伸ばし続けることを意識して!

期間限定セール

期間限定!お見逃しなく!!!

みんなのダイエット チャットで栄養相談は、2週間と4週間もプランをご用意していますが、今回、このページを読んでくださったあなただけに、2週間プランを30%オフでご案内させていただきます! こんなに簡単な工夫で、毎朝の目覚めがスッキリ、体脂肪も少しづつ減ってきた。お肌の調子も上がってきた。そんな声も聞かれるみんなのダイエット チャットで栄養相談を受けていただく,またとない機会です。 この機会に、是非ご利用ください。
みんなのダイエットオンラインへようこそ

続きを見る

-カラダ

© 2022 みんなのダイエット