ダイエット

ダイエットと人工甘味料って相性いいの?メリットとデメリットを解説

カロリーオフ、カロリーゼロ、と大きくパッケージに記載された飲み物やお菓子。

砂糖の使用を極力控え、カロリーを抑えた食品の多くに使われているのが人工甘味料です。

ダイエット中にはこういったダイエット飲料・食品を目にすることも多いと思います。

 

確かに人工甘味料は砂糖を使わず甘みを与えてくれるダイエットにはもってこいの食品にように見えますが、取り入れ方を間違えると太ってしまったり、健康被害などの報告も出てきています。

 

今回は、ダイエットで知っておきたい人工甘味料の秘密をお伝えします。

 

 

人工甘味料の仕組み

人工甘味料とは、化学的に合成されて作られた甘味料です。

  • サッカリン
  • アスパルテーム
  • スクラロース

などがあります。

人工甘味料は砂糖などの天然の甘味料よりも甘さが強く、

アスパルテームの甘味は砂糖の200倍、スクラロースは600倍ともいわれています。

砂糖と比べて少量でも甘味を感じられるので、摂取カロリーを抑えることができます。

 

 

人工甘味料の特徴

人工甘味料は砂糖と違って食後血糖値が上がりにくいという特徴があります。

血糖値は、砂糖や食品に含まれるブドウ糖が吸収されることで上昇します。

それに対して人工甘味料にはブドウ糖が含まれないため、血糖値が上昇しないといわれていました。

 

血糖値が急激に上がると、脳は早く血糖値を下げようとするため、インスリンという余ったブドウ糖を脂肪に変えるホルモンをより多く分泌させます。

血糖値が増えればそれだけ脂肪をため込み太ってしまうのです。

さらに血糖値が急上昇したのちに急降下すると、脳が混乱を起こして糖質が足らないと感じ、食欲を増してしまいます。

血糖値が上がりにくいということは、充分ダイエットにとって効果的なのです。

 

人工甘味料による糖尿病などの健康被害リスクも?

しかし最近の研究では、

人工甘味料を使った清涼飲料水を摂りすぎることにより糖尿病の発症リスクが高まる、

という報告も出てきています。

糖尿病発症の危険度が1.7倍にもなるという報告もあります。

 

人工甘味料で太るパターン

確かに血糖値が上がりにくくカロリーが低い人工甘味料ですが、

その甘みが食欲を増進させ、結果的に食べ過ぎてしまうこともあります。

また、

「砂糖使っていないから」

「カロリーゼロだから」

とあたかも食べても太らないような感覚になってしまうことで、

ダイエット効果が結局得られないというパターンもあり得ます。

 

人工甘味料を使っていても太る時は太ります。

できる限り自然に、バランスのいい食事を心がけることを基本としましょう。

 

 

期間限定セール

期間限定!お見逃しなく!!!

みんなのダイエット チャットで栄養相談は、2週間と4週間もプランをご用意していますが、今回、このページを読んでくださったあなただけに、2週間プランを30%オフでご案内させていただきます! こんなに簡単な工夫で、毎朝の目覚めがスッキリ、体脂肪も少しづつ減ってきた。お肌の調子も上がってきた。そんな声も聞かれるみんなのダイエット チャットで栄養相談を受けていただく,またとない機会です。 この機会に、是非ご利用ください。
みんなのダイエットへようこそ

続きを見る

-ダイエット

© 2023 みんなのダイエット