ダイエット 美容

20回噛むだけで痩せる?ダイエット中の食事のコツはよく噛むこと

ダイエット中なのについつい食べ過ぎてしまうということはありませんか?

お菓子をやめてみたり、カロリーを控えてみてもなかなか体重が減らない、と悩んではいませんか?

 

食事内容も見直すことも大切ですが、

まずよく噛むことを意識するとダイエットにも嬉しい効果がたくさんあります。

 

早食いはダイエットの敵

子供の頃は「よく噛んで食べなさい」と言われたものです。

「早食いは肥満の元」とも言われます。

食事を「とても速く」食べる人は、「とても遅く」食べる人よりも、5.8kgも太っているという報告もあるのです。

 

満腹中枢が働くには、胃が「満腹だ」と感じてから20分ほどのタイムラグがあると言われています。

早食いの人は満腹中枢が働く前に食べてしまうため、食べ過ぎてしまう傾向にあります。

 

きちんと噛まずに飲み込んでしまうと消化器系への負担もかかりやすく、

胃腸の不調のもとにもなってしまいます。

 

よく噛むことがダイエットに良い理由

満腹中枢の活動を高める

満腹中枢の活動は、血糖値の上昇以外に、咀嚼による刺激によっても活発化します。

噛む刺激で満腹中枢を働かせるには、「ゆっくりしっかり」噛むことが重要です。

噛む回数が増えれば、食事時間も自然とゆっくりになり、満腹中枢が働きやすくなるのです。

 

食欲を抑制できる

噛むことで、食欲を抑制する働きがあるレプチンというホルモンの分泌が促進されることがわかっています。

このレプチンが満腹中枢を刺激する元になり、交感神経を活性化させて脂肪を燃焼させ、エネルギーの消費を促す効果もあります。

 

消化吸収がよくなる

しっかりと噛むことで食べ物が小さくすりつぶされ、消化吸収を高める効果があります。咀嚼すると唾液の分泌も増え、それにより消化酵素の分泌も促されます。

 

痩せたいならまずは20回噛んでみて

日本肥満学会の「肥満治療ガイドライン」では、1口あたり20~30回以上噛むことが推奨されています。

たくさん噛んで咀嚼筋を使うことで、その分カロリーを消費しやせやすい体質になることも報告されています。

 

  • 一口ごとに箸を置く
  • 誰かと食べる
  • 噛み応えのあるものを選ぶ
  • 食事に集中する。味わって食べる。

なども効果的です。

 

よく噛むことで、お米の甘さだったり、素材の本来の味だったり、食感だったり、

食事自体を楽しむきっかけにもなりますよね。

いつもジャンクフードに手を伸ばしがちなあなたは、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

期間限定セール

期間限定!お見逃しなく!!!

みんなのダイエット チャットで栄養相談は、2週間と4週間もプランをご用意していますが、今回、このページを読んでくださったあなただけに、2週間プランを30%オフでご案内させていただきます! こんなに簡単な工夫で、毎朝の目覚めがスッキリ、体脂肪も少しづつ減ってきた。お肌の調子も上がってきた。そんな声も聞かれるみんなのダイエット チャットで栄養相談を受けていただく,またとない機会です。 この機会に、是非ご利用ください。
みんなのダイエットオンラインへようこそ

続きを見る

-ダイエット, 美容

© 2022 みんなのダイエット