ダイエット

【どうしても我慢できない時に】ダイエットに失敗しないおやつの選び方

【どうしても我慢できない時に】ダイエットに失敗しないおやつの選び方

 

ダイエット中、

おやつは我慢しなくちゃいけないけど、できたら我慢したくないですよね。

 

我慢ばかりしていてはまたストレスがかかってしまいますよね。

ダイエット中だけ我慢できても、

ダイエットが終わった瞬間前の食生活に戻ってしまってはリバウンドにまっしぐらです。

 

ダイエット中も賢くおやつを食べてストレスをなくすことが、成功の秘訣です。

 

ダイエット中はおやつも成分表示で決める

もちろんダイエットをしているのだから、なんでもかんでもお菓子を食べていいわけではありません。

 

ダイエット中のおやつを選ぶポイントはパッケージの裏側です。

 

カロリーや糖質・脂質も大切ですが、

おやつを選ぶ上で気にしてほしいのが裏側の原材料名。

 

原材料名は、その商品に含まれている量の多いもの順に並んでいます。

砂糖が先頭にあれば、そのお菓子の中で一番多い材料は砂糖だということになります。

 

例えば、

Aのチョコレートの原材料名には「カカオマス、ココアバター、植物油脂、砂糖」とありますが、

Bのチョコレートには「砂糖、植物油脂、全粉乳、乳糖、カカオマス、ココアバター」とあります。

 

つまり、Aのチョコレートはよりたくさんカカオの入っているチョコレート、

Bは砂糖の分量の多い商品、つまりダイエットには不向きのチョコレートということになります。

 

もちろんおいしさに優劣はありません!

が、ダイエット中に選ぶとしたらAがおすすめだということがわかりますね。

 

アイスクリームは、アイスクリーム・アイスミルク・ラクトアイス・氷菓の4種類に分けることができます。

脂肪分の量に違いによって、

アイスクリームは乳固形分15%以上・乳脂肪分8%以上、

アイスミルクは乳固形分10%以上・乳脂肪分3%以上、

ラクトアイスは乳固形分3%以上、乳脂肪分が少ない代わりに植物性脂肪が多い、

とわけられます。

特に脂肪分・カロリーの少ないものが、氷菓です。

シロップの量などによってカロリーが変わるため、シャーベット系のものを選ぶとよりよいですね。

 

お菓子もピンキリです。

質のいいものを少しでも選ぶクセをつけましょう。

 

カロリーチェックも慎重に

カロリーを比較する場合も注意が必要です。

カロリーはどのお菓子も同じ量で表示されているわけではないのです。

「○○g当たり」「1個当たり」「1袋当たり」

など、どの量を基準にしているかはお菓子によって違うのです。

 

ダイエット中のおやつの秘訣=少なく贅沢する

ダイエット中のおやつって、どうしてもたくさん食べられないもの。

 

だからこそ、よりいいものを大切に選んで食べて、

おやつの時間を贅沢な時間に変えてみてはいかがでしょうか?

 

 

期間限定セール

期間限定!お見逃しなく!!!

みんなのダイエット チャットで栄養相談は、2週間と4週間もプランをご用意していますが、今回、このページを読んでくださったあなただけに、2週間プランを30%オフでご案内させていただきます! こんなに簡単な工夫で、毎朝の目覚めがスッキリ、体脂肪も少しづつ減ってきた。お肌の調子も上がってきた。そんな声も聞かれるみんなのダイエット チャットで栄養相談を受けていただく,またとない機会です。 この機会に、是非ご利用ください。
みんなのダイエットへようこそ

続きを見る

-ダイエット

© 2022 みんなのダイエット