カラダ ココロ

心の健康と体の健康はつながっている?

最近は「メンタルヘルス」という言葉も一般的になってきました。

 

体の健康・心の健康をそれぞれ保つ方法はたくさんありますが、

体の健康と心の健康が、相互に影響しあうこともたくさんあります。

 

心と体はつながっている、とよく言います。

 

  • 試験の前にお腹が痛くなる
  • 恋人の前だとドキドキして心拍数が上がる

こんな身に覚えがありそうなことも心が体に作用している例です。

 

体の機能のうち、心拍や血圧、消化機能などは自律神経により無意識下でコントロールされています。

 

心というのは目に見えないので、「心とは何か、どこにあるのか」という議論がされることがありますが、

一般的に心の状態として現わされるのが嬉しい・楽しい・悲しいといった感情(情動)です。

 

自律神経を支配しているのは、脳です。

感情・情動を支配しているのも、脳です。

脳のうち、辺縁系という部分が「感情」を支配します。

 

心が体に影響を及ぼす場合、

感情など精神的要因が脳に作用し、自律神経のコントロールのバランスを崩すことで、

消化機能など体の機能が影響を受けます。

 

慢性的な疾患を持っていたり、ケガで入院をされるなど、体の健康に不調をきたした患者様が、

うつを併発するなど、心の健康にも不調が生じてしまうパターンはよくあります。

 

ある研究によると、

うつ病と神経障害性腰痛の合併患者は、非うつ病患者と比較して、痛みのレベルが高く、痛みに関連する障害が大きく、QOLも低かった。

という報告もあります。

(参考:腰痛患者の生活の質に対する質問票を用いたうつ病および神経因性疼痛の影響横断的後ろ向き研究, Akihiko Hiyamaら)

 

逆に、心が体にいい影響を与えることも、身体が心にいい影響を与えることもあります。

 

よく、「筋トレはメンタルにいい」と聞きませんか?

 

これは、筋トレをすることで、向上心ややる気を出したり、精神を落ち着かせてくれる効果のあるホルモンが分泌されるからです。

身体を動かすことで血流がよくなり、脳が活性化される効果もあります。

活動的な時間を作ることで、交感神経と副交感神経、2つの自律神経系のバランスも良くなり、

夜は質のいい睡眠をとることができるようになります。

 

心を整えるために、一番早い方法です。

 

 

人は、心が健康でなくても、体が健康でなくても、100%のパフォーマンスを発揮することはできません。

 

体と心、この2つの関係を知ることは

本当の意味での健康を手に入れるとても大切なことです。

-カラダ, ココロ

© 2021 みんなのダイエット