ココロ

コロナうつの原因は日光?お散歩で気分を変えよう

コロナ禍になってから、

最近外にも出ないし友達にも会わない…

気分が落ち込みやすくなった…

あまり最近笑ってない…

 

そんなコロナうつの原因は、ずばり自粛生活による日光不足の可能性があります。

 

日光とうつの関係

ビタミンDという物質は、日光を浴びることで作られます。

ビタミンDはカルシウムの吸収を助けたり、認知量のリスクを減らしたりと、様々な効果を持つ重要なビタミンの一つです。

実はうつ病などの精神障害にも関係していると言われているのです。

 

また、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンも、日光を浴びることで生成が促されます。

コロナによって外出機会が減り、自宅で過ごす時間が増えたことで、日光を浴びる時間が減っています。

これによりビタミンDやセロトニンの分泌が減り、うつ状態となってしまうのです。

 

しかも、日本人の約半数、特に女性においてビタミンDが不足しているという報告もあります。

 

季節性うつとよばれる症状も、日光が関係しています。

夏場は普通なのに、冬になると気力が沸かずうつっぽくなる…という方は季節性うつの可能性があります。

女性は特に日焼けを気にして日光を浴びることが減ってしまうので、

日光不足によるうつ状態になるリスクが高いです。

 

コロナうつの予防にお散歩しよう!

コロナうつを予防するためには、日光を浴びることがポイントになることはわかりましたか?

じゃあ日光を浴びようとじっと日光浴するだけではもったいありません。

 

難しい運動や方法は必要ありません。

春や夏なら15分、冬なら30分程度、近所を散歩するだけ。

日焼け止めもビタミンDなどの生成効果は落ちますが、日焼けが気になるなら塗ってもOKです。

午後は紫外線が多くなるため、午前中がおすすめです。

体内時計を整え、交感神経のスイッチを入れるサインにもなります。

 

【コロナうつ対策】手のひら日光浴もおすすめ

でもやっぱり散歩とかめんどくさいし、感染も気になる。外に出たくない。

そんな方は、手のひらを日に当てる「手のひら日光浴」でも十分です。

 

手のひらを上に向けて、15~20分程度日に当てるだけでOK。

手のひらはメラニン色素が少ないので日焼けしにくいというメリットもあります。

 

できたら短い時間でも毎日続けて習慣化できるといいですね。

特に外出の予定もなく一日中家にこもってしまう日があれば、ぜひ試してみてください。

 

コロナのせいでただでさえ暗くなりがちな世の中です。

お日様のパワーを浴びて、心の健康を保ちましょう。

期間限定セール

期間限定!お見逃しなく!!!

みんなのダイエット チャットで栄養相談は、2週間と4週間もプランをご用意していますが、今回、このページを読んでくださったあなただけに、2週間プランを30%オフでご案内させていただきます! こんなに簡単な工夫で、毎朝の目覚めがスッキリ、体脂肪も少しづつ減ってきた。お肌の調子も上がってきた。そんな声も聞かれるみんなのダイエット チャットで栄養相談を受けていただく,またとない機会です。 この機会に、是非ご利用ください。
みんなのダイエットへようこそ

続きを見る

-ココロ

© 2022 みんなのダイエット