ダイエット 栄養

ダイエット中にも贅沢したい!朝ディナーのすすめ

ダイエット中、制限しなくてはいけないのは食事。

でもやっぱり、おいしい料理をお腹いっぱい食べたいですよね。

そんな時、今注目の「朝ディナー」を取り入れては見ませんか?

 

 

ダイエットで食事制限をするならストレスを克服すべし

ダイエットで食事制限をするとなると、

空腹感や食べたいのに食べられないというストレスがたまりますよね。

 

そのストレスに耐えられなくなると、

一気にドカ食いしてしまったり

ダイエット後のリバウンドにもつながり、

ストレスはダイエットの失敗の元とも言えますね。

 

つまり、ダイエットを成功させるには、ストレスをいかに抑えられるかが鍵となります。

 

過度な食事制限は、栄養バランスを崩し、体調にも影響を与えてしまうため、

食事については無理をしないでコントロールすることが大切です。

 

 

「朝はしっかり食べなさい」は本当?

いつもイメージする朝食って

・食パン1枚にサラダ

・シリアルとフルーツ

・ごはんとお味噌汁

そんな感じじゃないですか?

 

中には朝食を食べない、コーヒーだけという人もいるでしょう。

 

しかし、摂取カロリーの理想は

朝3:昼3:夜2

です。

 

実は朝食をほとんどの人が必要量取れていないのです。

 

朝食は一日のエネルギーの元となる食事。

基礎代謝を上げることが最大の目的のため、活動に必要なカロリーは摂取しなくてはいけません。

 

昼の時間帯は消費カロリーも多いため、多めにカロリーを摂取しても消費しやすいのもメリットです。

 

「朝ディナー」でダイエット中の食事に満足感を

ダイエット中、楽しい食事会や甘いお菓子はダメだと思っていても

我慢したくないですよね。

 

それならば、

朝食をディナーのように豪華にしてみませんか?

 

朝食に高カロリーの食事をとることで、消費カロリーが2倍になるとも言われています。

 

ただし、カロリーが高くても大丈夫だからと何でも食べていいわけではありません。

和食の御膳、フレンチのコース料理のように、

主食・主菜・副菜をそろえて栄養バランスを整えましょう。

 

もちろんポイントは、「夜をヘルシーにする」こと。

 

夜を軽めにすることで、軽い飢餓状態を作れるので、

睡眠中の内臓への負担を減らし、睡眠の質も上がります。

 

朝早めに起きて料理をすることで、一日のリズムも作りやすくなります。

 

朝なんて料理する暇ない!

という方も大丈夫。

副菜に関してはスーパーやコンビニのお惣菜を取り入れてもOKです。

 

 

最近ではレストランで「朝ディナー」を提供してくれるお店が出てきました。

夜に外食するよりも滞在時間も短くなり、

コロナ禍の今にはぴったりですね。

 

-ダイエット, 栄養

© 2022 みんなのダイエット