ダイエット 栄養

朝ご飯を食べて太る人と痩せる人の違いって何?

ダイエット中も朝食を抜いてはダメ!

朝を抜いたら太るよ!

とよく言われますよね。

 

確かに朝食は代謝を上げて脂肪の燃焼効率を上げるためにはとても大切です。

 

でも中には「朝食を食べて太った」なんて話も聞きますよね。

筆者もその1人だったりします。

 

結局朝食は食べるべきなの?抜いた方がいいの?の疑問にお答えします。

 

 

朝食を抜くメリット

朝食を抜くことにもメリットはあります。

 

朝は、一日の中でも排出をする時間と言われています。

現代人は不規則な生活や脂っこい食事で胃腸が疲れていることが多く、

消化機能が低下したままで更に食事を重ねては、老廃物はたまる一方。

 

朝食を抜くことで胃腸への負担をやわらげ、排出に集中することができ、デトックス効果も高まります。

 

朝食べて太る人の特徴

朝食を食べたら太った!

という人には特徴があります。

 

それは「お腹がすいていないのに食べる」ことです。

 

現代人は良くも悪くも時間で動いています。

朝だから朝食、昼だから昼食、夜だから夕食、

などというパターンです。

 

しかし人間の体はそんなに正確に動いていません。

 

前の食事がまだ消化しきれていないような胃腸が働いている段階で食事をとると、

胃腸に余計な負担をかけ、消化も不十分となります。

消化不良となった食べ物は、脂肪をはじめ体に悪影響を及ぼす元となるのです。

 

そのような場合は、一日の摂取カロリーも多くなり、

必然的に朝食を食べようが食べまいが太る、という結果につながってしまうのです。

 

自分の体が本当に食事を必要としているのか?

食べる前に一度自分の体と向き合ってみましょう。

 

朝食のメニュー内容によって太るパターン

摂取カロリーが多くなってしまう場合、

朝食のメニューにも問題があることがあります。

 

朝は先ほども言いましたがデトックスの時間です。

お休みモードから活動モードへ切り替わる時間。

 

食事からも体を目覚めさせてあげるお手伝いをしてあげましょう。

体を温める味噌汁やスープ、ビタミンが取れるサラダ・スムージーなどを取り入れるといいですね。

 

小麦を使用したいわゆる白パンは、薬膳的に体を冷やす食べ物と言われており、おすすめできません。

ウインナーやベーコンなどの加工肉は脂肪の酸化が進み、ダイエットには不向きと言われています。

 

いつ食べるかではなく何を食べるかが大切

一日の食事は朝食だけではありません。

朝食だけ、を考えるのではなく、全体の食事で必要な栄養をバランスよく摂取できるように考えてみましょう。

 

食事は痩せるためには簡単に抜いていいものではなく、綺麗になるために源であると考えましょう。

 

「食べずに痩せる」ではなく「食べて美しく」なるために努力してみてはいかがでしょう?

-ダイエット, 栄養

© 2022 みんなのダイエット