未分類

なぜ、テレワーカーの肩こりは揉んでも良くならないのか?

テレワークを始めてから肩こりひどくなっていませんか?

現在は在宅で業務する、いわゆる「テレワーク」が一般的な言葉になりつつあり、ビジネスマンのみなさんも「自宅で仕事する日が増えた」という方も多いのではないでしょうか?

 

テレワークには、

「通勤時間の削減」

「通勤しない分自由な時間が増える」

「自宅内のリラックスした環境で仕事が行える」

などのメリットがある一方でこんな悩みも増えてきているようです。

 

「テレワークになってから肩こりがひどくなってきた」

 

通勤するために強制的に身体を動かしていた今までの働き方と異なり、テレワークでは通勤がなくなった分、運動機会が今までと比べ減っている方がほとんどだと思います。

 

運動機会の減少や、テレワークという今まで経験したことのない働き方に対するストレス、そしてテレワーカー特有の身体の使い方などによって、肩こりがひどくなっている人や、今まで肩こりを感じていない人でも、肩こりを感じるようになってきているのではないでしょうか。

 

通常の肩こりであれば、いわゆる「もみほぐし」のように肩を揉むことで改善するケースも多いと思います。

 

ですが、「肩を揉んでも全然良くならないよ」という方は多いと思います。

 

それは肩こりには、「テレワーカーの姿勢」が関係しているからです。

 

そこで今回は、テレワーカーの姿勢から肩こりを感じる理由について解説し、最後にテレワーカーが肩こりを解消するためには、何をすればいいのかを紹介したいと思います。

 

現在肩こりのある方はもちろんですが、今肩こりがなくても、今後予防する意味でも重要な内容になるので、テレワーカーであれば、ここから先は読んでおいて損はないと思います。

 

ぜひ最後まで読んでください。

テレワークの肩こりが揉んでも良くならない理由

最初に結論からお伝えします。

 

なぜテレワーカーの肩こりが揉んでも良くならないのか。

 

それはテレワーカーの肩こりは「筋肉が伸ばされること」によって固まっているからです。

 

「肩こり=筋肉が縮んで固まっている」とイメージしてしまうかもしれませんが、実を言うと筋肉は伸ばされても固まってしまいます。

 

筋肉が伸ばされて固まる理由にテレワーカーの作業姿勢が関係しています。

テレワーカーは、座って仕事することが多いと思います。

 

座っている姿勢では、骨盤が後ろに傾きやすく、背骨が丸くなりやすくなります。

 

背中が丸くなることで、「肩甲骨」という肩の骨が外側に引っ張られるようになります。

 

肩甲骨が外側に引っ張られてしまうことで、背中や肩の筋肉が伸ばされ固まりやすくなってしまいます。

肩こりを感じる筋肉はいくつかありますが、主に「僧帽筋」と言われる筋肉が伸ばされています。

 

主に「もみほぐし」や「ストレッチ」のような方法は、筋肉の一部分か全体かの違いはありますが、主に筋肉を伸ばすことによって循環を改善する方法であると言えます。

 

そのため、筋肉が縮んで固まっている場合はこれらの方法でも改善できると思います。

ですが、筋肉が伸ばされて固まっている場合は、すでに筋肉が伸ばされているわけですから、「ストレッチやマッサージ」しても、改善しにくい状態であると言えます。

期間限定セール

期間限定!お見逃しなく!!!

みんなのダイエット チャットで栄養相談は、2週間と4週間もプランをご用意していますが、今回、このページを読んでくださったあなただけに、2週間プランを30%オフでご案内させていただきます! こんなに簡単な工夫で、毎朝の目覚めがスッキリ、体脂肪も少しづつ減ってきた。お肌の調子も上がってきた。そんな声も聞かれるみんなのダイエット チャットで栄養相談を受けていただく,またとない機会です。 この機会に、是非ご利用ください。
みんなのダイエットオンラインへようこそ

続きを見る

-未分類

© 2022 みんなのダイエット