ココロ

綺麗の秘訣はストレスフリー。そのストレス深呼吸で吹き飛ばしませんか?

あなたのストレス解消法はありますか?

 

ストレスと美容は切っても切り離せない関係。

ストレスをどううまく扱えるかが美容の鍵になってきます。

 

単純に外側から繕うのではなく、内側からもはつらつとした綺麗を身に着けていたいですよね。

 

ついストレスを感じてしまう時は、深呼吸で心を整えてみませんか?

 

ストレスがもたらす美容への影響は?

ニキビなど肌荒れ

ある研究では、

・ニキビのできやすさとストレスの感じやすさには関係があった

・自律神経の一種、交感神経が過剰に反応すると、メラニンの形成細胞を活性化して色素沈着を促し、シミなどを生じさせる

と報告されているくらい、ストレスはお肌にとって大敵です。

ストレスによって過剰な血流や感覚過敏が起こり、かゆみやニキビ、発疹などが起きてしまうこともあります。

 

太りやすくなる

ストレスを感じると、ストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールの働きが活性化し、逆に食欲を抑える働きのあるセロトニンの働きが低下してしまうため、食用が増して肥満につながると言われています。

 

疲労感や倦怠感で表情も暗くなりがち

ストレスを強く感じると、人間の体は疲れやすい・体がだるい・気力がわかないなどの症状を訴え始めます。

このような状態が続くと気分も落ち込みやすくなりますよね。

疲れた表情は綺麗とは程遠いもの。ストレスを感じるだけで体だけでなく心も綺麗から遠ざかってしまうのです。

 

ストレスは自律神経のバランスを崩す

ストレスを過剰に感じてしまうと、自律神経のバランスが崩れてしまいます。

交感神経という自律神経の働きが強くなると、

体が緊張したり、呼吸が浅くなったり、リラックスすることができず

ついついイライラしがちになってしまいます。

その結果、体のコリやハリを感じるようになり、血行も悪くなるので、

むくみやすい・太りやすいなどの状態になってしまうのです。

 

深呼吸で自律神経を整えて内側の綺麗を磨こう

深呼吸は自律神経のバランスを整えるのに最適な方法です。

 

たくさん息を吸って吐いて、とするのではなく、

呼吸によって体が膨らんだりしぼんだりする動きをゆっくりと感じるようにしてみましょう。

また、特に吸う息ではなく吐く息を少し長くしてあげると、

副交感神経を刺激しリラックスしやすくなります。

 

なんだか体や心がこわばってしまう時、

それは綺麗な自分からも遠ざかってしまっている時です。

一度ゆっくりと深呼吸をしてみて、穏やかな自分を取り戻しましょう。

 

-ココロ

© 2022 みんなのダイエット