カラダ

座りすぎは危険?デスクワーカーの身体かかっている意外な負担について解説

続き

デスクワーカーの負担を軽減する秘密兵器

そんな座りすぎを予防するための道具があります。

 

それが「スタンディングデスク」です。

 

スタンディングデスクとは、読んで字の如くですが、要するに「立ったままの状態で使用できる机」のことです。

 

その歴史は意外にも古く、最古のものではなんと1400年代まで遡るそうです。

 

そして「レオナルド・ダ・ヴィンチ」や「フリードリヒ・ニーチェ」など誰もが知っているさかいの天才たちもこのスタンディングデスクを使用していたと言われています。

参考:https://flexispot.jp/spine-care-center/Standing-Desks-in-History/

 

近年では、座りすぎ解消のために高さ調整機能のついたものなど様々なタイプが販売されています。

 

スタンディングデスクの最大の利点は、「立ったまま作業できる」という点です。

 

先ほども説明したように、座った姿勢は身体、特に股関節や骨盤、腰などを動きにくくしてしまいますが、立っている姿勢は反対に、股関節だけでなく、身体のあらゆる部分を自由に動かせます。

 

「動かせる」ということは、筋肉が適切に伸び縮みするため身体の循環も保たれるため筋肉に余計な緊張やコリなどが生じにくくします。

 

筋肉や周りの循環が良好な状態になることで、作業中の身体の痛みやだるさが軽減し、S行に集中できることによって、作業効率や生産性の向上が期待できると思います。

 

デスクワーカーこそ身体の負担を意識していきましょう!

今回はデスクワーカーが座りすぎによる健康被害を予防したり、作業の生産性を向上したりするための工夫として、スタンディングデスクを使用した環境設定の重要性について解説しました。

 

スタンディングデスクだけの話ではありませんが、環境設定の利点は「細かな意識や継続して気をつけている必要がない」という点です。

 

私たち人間は環境に依存する生き物です。

 

どれだけ自分の中で強い意思を持っていても、環境が与える影響はとても強く、容易に抗えるものではありません。

 

逆に、環境さえ自分にとって良いものに変えてしまえば、あとは強い意思がなくても、環境があなたの生産性向上を助けてくれます。

 

「座りすぎには立つことが大切」ということは、知ってしまえば簡単な話ですし、当たり前の話かもしれませんが、実行するためには作業環境の見直しがとても重要だということを今回の内容で知っていただけたらと思います。

 

今後もビジネスパーソンに向けた、健康情報や生産性向上のヒントになるようなアイデアを発信していきます。

 

今回の内容が参考になれば幸いです。

-カラダ

© 2021 みんなのダイエット