カラダ 美容

鍵は内転筋!手軽に美脚を叶えるには「脚を閉じるだけ」

ダイエットをする女性のうち、

気になる部位第1位は「脚」です。

スラっとしてかつ健康的な美脚は女性のあこがれですよね。

 

脚痩せの方法自体はたくさんあります。

筋トレ・ウォーキング・ストレッチ・マッサージ…

それでも続かないことが多いですよね。

 

そんな場合、日常的にできる簡単な方法があれば続けられそうではないですか?

 

 

脚痩せの秘訣は内転筋にあり

美脚のポイントは、「内もも」と「外もも」にあります。

 

内ももは、特に脂肪がつきやすい部分です。

内ももの筋肉=内転筋は、力を出しにくく、鍛えづらい部分でもあります。

太ももの間に隙間があるほど、ほっそり見えるため、脚痩せにおいては内もも痩せは不可欠です。

 

外側の筋肉は張りやすく、

筋肉質なタイプの方だと、外ももが大きく張り出して不格好な脚になってしまいます。

これを解消し、美脚になるためには、内ももつまり内転筋を鍛えることがポイントになります。

 

 

いつでもどこでも「足を閉じるだけ」

内転筋を鍛えるトレーニングはたくさんありますが、

かなりきついものが多いです。

初心者の方は、回数もあまりこなせないかもしれません。

それではきちんと内転筋を鍛えることができず、脚痩せ効果も出にくくなります。

 

内転筋を鍛えるポイントは「ながら」です。

日常的に内転筋を鍛えることができれば、楽ちんですよね。

 

内転筋のはたらきは「股関節の内転」、足を内側に動かす動きです。

 

内転筋を動かすには足を動かす方向に力を入れればいいのです。

 

つまり、内転筋を鍛えるには、

脚を閉じるだけ、でいいのです。

 

座っている時は、膝頭がピタッと合うように足を合わせて座りましょう。

立っている時は、太ももの付け根を寄せ合うように力を入れてみましょう。

 

テレビを見ている時、仕事をしている時、

気が抜けるとどうしても、足をだらしなく広げてしまいますよね。

だらしなく見えて姿勢自体もあまり綺麗とは言えません。

脚を閉じるだけで姿勢もきれいに見えて、一石二鳥です。

 

ミーティングでは、脚を閉じて横に流せばより脚長効果も生まれます。

 

立っている時に内転筋に力を入れると、同時に腹筋にも力が入ります。

これは、内転筋と腹筋がつながり連動しているためです。

腹筋に力が入ると背筋も伸ばしやすく、より立ち姿が美しくなりますよ。

 

日常的に内転筋を使うことで、無理なトレーニングをしなくても自然と引き締まり、

姿勢も美しくみられるようになります。

 

つらいダイエットが嫌いなあなた、ぜひ試してはいかがでしょうか?

期間限定セール

期間限定!お見逃しなく!!!

みんなのダイエット チャットで栄養相談は、2週間と4週間もプランをご用意していますが、今回、このページを読んでくださったあなただけに、2週間プランを30%オフでご案内させていただきます! こんなに簡単な工夫で、毎朝の目覚めがスッキリ、体脂肪も少しづつ減ってきた。お肌の調子も上がってきた。そんな声も聞かれるみんなのダイエット チャットで栄養相談を受けていただく,またとない機会です。 この機会に、是非ご利用ください。
みんなのダイエットオンラインへようこそ

続きを見る

-カラダ, 美容

© 2022 みんなのダイエット