美容

その噛みしめ癖・食いしばり今すぐやめて!顔が大きくなる原因?

小顔になりたい!と思って毎日必死でマッサージしていませんか?

実はそれ、噛みしめ癖が原因かもしれません。

 

何かつらいことがあったとき、

奥歯をぐっと噛みしめてこらえる。

よくあるシーンですよね。

でもこの噛みしめが癖になると、顔を大きく丸くさせる原因になることもあるのです。

 

食いしばりで顎の筋肉が緊張してしまう

日常生活はストレスであふれています。

人はストレスを感じて緊張したとき、無意識に歯を合わせます。

これは96%以上の人に見られることで、基本的には自然な現象です。

しかし、この接触が多すぎたり、力が強すぎたりすると、様々な影響を与えるようになります。

 

よく言われるのが肩こりです。

歯をかみしめることで顎周りの筋肉が緊張し、それが首や肩とつながっているので、

歯をかみしめることが肩こりの原因になってしまうのです。

 

常に緊張状態を作ってしまうことで顎の筋肉が発達してしまい、

フェイスラインに肉が付きやすくいわゆるエラ張りのような状態になり、

顔が大きく見えてしまうようになります。

 

噛みしめ癖が原因で知覚過敏や顎関節症にも…

噛む力というのは数十kgにもなり、このような力で強く噛みしめてしまうと虫歯や知覚過敏の原因になることもあります。

顎の痛みを感じたら、噛みしめが原因で顎関節症になっていたということも少なくありません。

あまりに強い力が加わった場合は、歯が欠けるなどの事態にもつながりかねません。

 

噛みしめ・食いしばりの原因とは?

歯の噛みしめの大きな原因は先ほども書いた通りストレスです。

噛みしめ癖の治療はたくさんありますが、ただ歯だけを治そうとしても時間がかかったり治しきれないことがあります。

歯をかみしめるのは、ストレスに対しての防御反応のひとつでもあるからです。

 

また、姿勢の悪さも噛みしめの原因になります。

いわゆるスマホ首と呼ばれるような、猫背で頭が前に出ているような姿勢だと、

上下の歯の距離が近くなり、歯同士が当たりやすくなってしまいます。

頭のバランスも悪くなり、それがまたストレスになって噛みしめてしまうようになります。

 

ストレスをなくして小顔になろう

私達は、小さなストレスから大きなストレスまで様々なストレスにさらされています。

それが積み重なり噛みしめ癖につながっています。

 

まずは噛みしめてしまう癖があることに気づきましょう。

そして、こういう時に噛みしめてしまうのだというタイミングを知りましょう。

 

噛みしめてしまっていることに気づいたら、

軽く唇同士を合わせ、口の奥の方に空間を作るように顎の力を緩めましょう。

顎や頭の付け根の力が抜けるように意識します。

 

ただ、根本の原因となるストレスは何かをまず考えることが大切です。

大事な仕事、とかどうしても避けられないことはしょうがないですが、

日常で避けられそうなストレスはできるだけ避けるようにしましょう。

人込みが苦手で朝の電車の乗り換えで噛みしめてしまうなら少し早めの電車に乗る、とかです。

 

小さなストレスも積み重ねです。

自分に優しくしていれば、

頑張ってマッサージを毎日しなくても顔はスッキリ明るくなるはずです。

期間限定セール

期間限定!お見逃しなく!!!

みんなのダイエット チャットで栄養相談は、2週間と4週間もプランをご用意していますが、今回、このページを読んでくださったあなただけに、2週間プランを30%オフでご案内させていただきます! こんなに簡単な工夫で、毎朝の目覚めがスッキリ、体脂肪も少しづつ減ってきた。お肌の調子も上がってきた。そんな声も聞かれるみんなのダイエット チャットで栄養相談を受けていただく,またとない機会です。 この機会に、是非ご利用ください。
みんなのダイエットへようこそ

続きを見る

-美容

© 2022 みんなのダイエット