カラダ

汗をかかないのは危ないサイン?汗をかいて綺麗になるための3習慣

「汗かき」と聞いていいイメージを持つ人はあまりいないでしょう。

しかし、汗をかくことは美容効果が高いって知ってました?

綺麗な女優さんは汗をかかない、そんな常識はもう古いのです。

いい汗と悪い汗

いい汗の特徴は、汗の粒が小さくサラサラしています。

元々汗腺には体に必要なミネラルを血液に戻す機能があります。

余分なものが含まれていないので、無臭のさらさらとした気持ちいい汗になるのです。

 

反対に。悪い汗は、汗の粒が大きくネバネバしています。

蒸発しにくいので、べたべたと気持ち悪く、そして臭いです。

汗をかかなくなると汗腺の機能が低下して、余分な成分が汗と一緒に排出されてしまうからです。

 

何より、汗をかく根本的な目的は体温調節です。

酷暑になりがちの最近の夏。

汗をかかないと内部に熱が溜まって熱中症を起こしやすくなったりします。

きちんと汗をかくということは、体調管理にも大切なことなのです。

 

汗をかかないのは体にも美容にも悪かった

汗をかきにくい原因は主に

・エアコンなどによる体温調節機能の衰え。

・ストレス

・新陳代謝の低下

などがあります。

 

家でも会社でもエアコンがついているのが当たり前。

夏や冬は外気温との差が大きくなり自律神経も乱れてしまいます。

 

また、常にストレスにさらされている現代では、アポクリン腺と呼ばれる汗腺が活性化します。

アポクリン腺から出る汗は、尿素やたんぱく質などを含んでにおいを発する汗です。

本来であればフェロモンの元となる「いい汗」なのですが、ストレスなどにより機能が悪くなり、

過剰に働きすぎると、ワキガのもとにもなってしまうのです。

 

いい汗かきさんになるためには「お風呂」と「運動」

汗をかく、といってまず浮かんでくるのがお風呂ですよね。

 

お風呂で体を温めると、温まった血液が全身を回って体の深部温度を上げます。

すると脳の温感センサーが働き、汗腺から汗が出ます。

また、水圧によるポンプ作用で血液の巡りも良くなり、更に汗をかきやすい状態になります。

 

汗をかきにくい方は、お風呂に入る時に、バスソルトなどを入れてみましょう。

浸透圧という、濃度の低い方が高い方へ移動する性質があります。

バスソルトを入れるとお湯の濃度が高くなり、人からお湯側へ水分が移動するようになるので、

汗をかきやすくなります。

 

そして、汗をかくためにもう一つ大切なのが運動です。

 

女性アスリートは肌が綺麗な人が多いと思いませんか?

実は、いい汗は「天然の美容液」と呼ばれています。

老廃物や余計な水分を排出することで新陳代謝が上がり、免疫力・体力アップ、美肌効果が期待できます。

汗に含まれる尿素や乳酸は保湿作用があり、再び角質に浸透して肌の乾燥を防いでくれる作用もあるのです。

運動をすることでストレス解消効果もあり、さらに汗の調節機能が整いやすくなります。

 

自分の体調変化のサインにもなる汗。

いい汗をかいてより綺麗になれるよう、今日から何か始めてみてはいかがでしょうか?

期間限定セール

期間限定!お見逃しなく!!!

みんなのダイエット チャットで栄養相談は、2週間と4週間もプランをご用意していますが、今回、このページを読んでくださったあなただけに、2週間プランを30%オフでご案内させていただきます! こんなに簡単な工夫で、毎朝の目覚めがスッキリ、体脂肪も少しづつ減ってきた。お肌の調子も上がってきた。そんな声も聞かれるみんなのダイエット チャットで栄養相談を受けていただく,またとない機会です。 この機会に、是非ご利用ください。
みんなのダイエットへようこそ

続きを見る

-カラダ

© 2022 みんなのダイエット