ココロ

わけもなく落ち込む…コロナうつはヨガで克服せよ!

1回目の緊急事態宣言が出されてから早1年。

コロナ対策をしながらの生活に慣れましたか?

慣れていない人がほとんどだと思います。

それどころか、「コロナうつ」と呼ばれる状態になっている人も増えています。

 

このコロナうつに有効とされているのがヨガです。

 

ヨガがコロナうつに効果的な理由

コロナうつの原因としては、

・慢性的な運動不足

・人とのコミュニケーションの不足

・慣れない生活スタイル

・先行きの見えない不安

などが挙げられます。

 

脳は、感情などの心の部分と、自律神経や内臓機能などの体の部分、両方司っています。

コロナ禍の中で生じる様々なストレスは、脳を刺激してマイナスな感情をさらに強め、

自律神経など体を整える機能にまで悪影響を与えます。

心と体は切り離せない関係なのです。

 

ヨガを行うことで、

呼吸がしやすくなり脳が活性化される

体に刺激が行き渡り、血行が良くなる

などの効果によって、

体の反応から自律神経系に直接働きかけることができます。

活動に制限をかけられることで生じるコロナうつに対して、ヨガはストレスコントロールに最適なのです。

 

コロナうつに打ち勝つメンタルを高めるヨガポーズ

主に胸を開くポーズは、気持ちを前向きにさせてくれるので、積極的に取り入れていくといいでしょう。

 

コロナうつのためのヨガポーズ①猫の伸びのポーズ

四つ這いから手を前に伸ばして胸を床につけるポーズです。

普段縮こまりがちな、胸や脇を伸ばしていきます。

腰に負担がかかりやすいので、お尻はしっかり上げておきましょう。

 

コロナうつのためのヨガポーズ②バッタのポーズ

うつ伏せから上半身を引き上げるポーズです。

背筋の強化だけでなく、肩甲骨周りを刺激してくれます。

思い切り収縮させた後に脱力させるとよりリラックス効果が高まります。

 

コロナうつのためのヨガポーズ③ハイランジ

両足を大きく前後に開いて立ち、上半身を広げながら力強く立つポーズです。

下半身は力強く安定させながら上半身の余分な力みを取り除いてくれます。

立位のポーズは指先からつま先まで全身を活性化させてくれます。

座って行うポーズよりも全身の動きを時間することができるので、動いた後のリフレッシュ感が得られやすいです。

 

コロナうつのためのヨガポーズ④戦士のポーズ2

その名の通り力強い気持ちにさせてくれるポーズです。

上下・左右に大きく体を伸ばします。

ぜひ勇者になったつもりでポーズを取りましょう。

 

コロナうつは慢性的な運動不足からも引き起こされることがあります。

気負わず少しずつ体を動かすようにしてみましょう!

-ココロ

© 2021 みんなのダイエット