ココロ

有意義に時間を使うってどういうこと?自分を大好きになるタイムマネジメントのコツ

あの人なんだかいつも余裕があるな…

あの人すごく充実してそうだな…

そう思う人は周りにいますか?

 

「時は金なり」

と言いますが、人生が充実している人は時間の使い方が上手なのです。

 

それは、ちょっとしたコツで変えることができるのです。

 

 

人生も「時間管理のマトリックス」で差をつける

時間管理のマトリックスとは、よくビジネスの現場でタスク管理の方法として使われる方法です。

タスクを4つの領域に分類して、優先順位をつけながらタスクを管理していく、というものです。

 

【時間管理のマトリックス】

タスクを以下の分類で4領域に分けて整理していきます。

〈第1領域〉緊急度も重要度も高い領域。

何よりも先に着手しなければならない領域。

〈第2領域〉重要ではあるが、すぐに対応しなくてもよい領域。

即時に成果に結びつかないものの、全体の質を上げるために必要な領域。

〈第3領域〉緊急度が高いものの、重要ではない領域。

それほど重要でない電話や突然の来客対応など。

〈第4領域〉緊急でも重要でもない領域。

将来の役に立つことがほとんどない、時間の浪費ともいえる領域。

 

人生においても、家事・仕事、お子様の体調不良などなど、緊急度の高いタスクはあふれ返っていて、

時間は削られていくばかり。

でも、それよりも大切にしなくてはいけない領域は別にあるのです。

 

一番大切なのは「重要だが緊急性の低いこと」

ヨガをしたり、料理をしたり、読書をしたり、自分のために使う時間というのは重要ではありますが、

ついつい後回しにしてしまいがちなこと。

 

この領域というのは、すぐには結果に結び付かなくても、全体的な質を引き上げて、人生を豊かにしてくれるものです。

 

ストレスを取り除くことで家族関係がスムーズになったり、

体を整えることで仕事や家事も楽にできるようになるなど、

効率よく時間や労力を使うことができるようになり、結果的に自分の人生を素敵にする大切な要素でもあるのです。

 

【時間の有効活用】無駄をムダにしない本当の秘訣

無駄だ!いらない!なくしなさい!

と言われる第4領域(重要でも緊急でもない領域)ですが、本当に無駄なのでしょうか?

 

ここを克服するポイントは、

どんな時間も無駄にしない・無駄だと思わない

ということです。

 

特に仕事においては無駄であっても、人生にいては無駄になることは少ないでしょう。

第4領域だと思っていたことも、

そこに意味を見出したり、目的を作って行うことで、それはたちまち第2領域に変えることができます。

 

使う時間を大切にすることで、一つ一つの行動に意味ができ、

それが人生の充実度につながるのでしょう。

-ココロ

© 2021 みんなのダイエット