ココロ ダイエット 美容

ダイエット中でもストレスフリーで生きたい!健康的に痩せる3つのコツ

「我慢できなくて食べてしまう」

「食事を減らしてるのに体重が減らない」

ダイエットにいつも失敗する女性、いますよね?

 

ダイエットにはストレスがつきもの。

でもそのストレスをコントロールせずしてダイエットは成功しません。

 

ダイエット方法にはたくさん種類がありますが、

「ダイエットは我慢」

という言葉はもう古いのです。

 

ストレスがあると余計に太る?

ストレスがたまると、ストレスホルモンとも呼ばれる「コルチゾール」というホルモンが分泌されます。

これにより血糖値が上がり、自律神経のバランスが乱れるため、

代謝が低下したり、脂肪が余計につきやすくなってしまいます。

自律神経によりコントロールされる満腹中枢にも影響が出て、

食欲がコントロールできない、食べても食べても満足できない、

ということが起きるのです。

 

ストレスフリーなダイエットのコツ①睡眠時間を守る

しっかり睡眠をとり、体を休めることは心を休めることにもつながります。

就寝時間がバラバラになると、

生活リズムの乱れ、自律神経の乱れにつながります。

成長ホルモンは深い眠りに入った時に分泌されます。

細胞の代謝を促進し、肌にハリ、脂肪の燃焼をしやすい体作りには欠かせません。

ストレスホルモンコルチゾールは夜にかけて上昇するため、

夜更かしをするとついつい間食してしまう、というパターンも多くなってしまいます。

 

ストレスフリーなダイエットのコツ②温かいものを食べる

人は寒さを感じると筋肉が緊張し、力が入りやすくなります。

体が緊張していると、脳も緊張していると思い込み、

交感神経が働きやすくなり、ストレスを感じやすい状態となってしまいます。

温かいものに触れると、心も温かくなるというもの。

温かいものを食べることで体がほぐれ、いつもリラックスした状態を作ることができます。

体を内側から温めることで、代謝も上がりやすくなり、

ダイエット効果も出やすくなります。

 

ストレスフリーなダイエットのコツ③体を動かす

ダイエットのための激しい運動ではなく、有酸素運動を行うことにより、

副交感神経が働きやすくなり、ストレスの予防につながります。

ヨガなど、呼吸に合わせてゆったりと行う動きがおすすめです。

血流も良くなり、脳も活性化されます。

食事制限などをメインにダイエットをするとしても、

適度な運動をすることで、体調のコントロールにもなり、

幸せホルモンであるセロトニンの分泌も促されます。

 

 

つらい・しんどいと耐えるだけのダイエットでは、

ぱっと見の見た目はは痩せても美しさは半減してしまいます。

ストレスをうまく軽減しながら、綺麗になれるダイエットを目指しましょう。

期間限定セール

期間限定!お見逃しなく!!!

みんなのダイエット チャットで栄養相談は、2週間と4週間もプランをご用意していますが、今回、このページを読んでくださったあなただけに、2週間プランを30%オフでご案内させていただきます! こんなに簡単な工夫で、毎朝の目覚めがスッキリ、体脂肪も少しづつ減ってきた。お肌の調子も上がってきた。そんな声も聞かれるみんなのダイエット チャットで栄養相談を受けていただく,またとない機会です。 この機会に、是非ご利用ください。
みんなのダイエットへようこそ

続きを見る

-ココロ, ダイエット, 美容

© 2022 みんなのダイエット