ダイエット

姿勢の特徴別、背中痩せのポイント解説 前編

この記事は

  • 背中が痩せない
  • 姿勢が良くなりたい
  • 身体にあったケアの方法を知りたい

 

という悩みを持った方に向けて書いています。

 

背中痩せと姿勢についての重要な関係について

 

身体の一部が痩せにくいという悩みは、非常に多いと思います。

 

実際、私は理学療法士としてリハビリに従事する傍らで、エステサロンでのコンディショニングなどを行っています。

エステサロンに来られるお客様の中には、「脚が細くならない」「二の腕が太い」など身体の一部が痩せないという悩みを多く聞きます。

 

私の経験上ですが、「身体の一部が痩せない」などの悩みを持っている方の多くは、身体の使い方や姿勢に問題があることが多いように思います。

 

今回はそんな痩せにくい場所の中でも、「背中」に注目して解説していきたいと思います。

 

実は「背中」が痩せにくい人も、姿勢の偏りとの関連が深いんです。

 

今回の簡単にまとめると、「背中が痩せにくいと言っても、実は縮んで固まっているタイプと伸びて固まっているタイプがあり、それぞれ痩せるために注意するべきポイントが異なります。姿勢に合わせたケアを行うことで背中はスッキリします。」

 

「今年こそ綺麗な背中になりたい」という方は、ぜひこの先も読んでください。

 

それでは本題に移りましょう。

 

背中が痩せにくい2つのタイプとは?

 

結論からお伝えすると、背中が痩せにくい人は大きく2つのタイプがあります。

 

1つが「縮んで固まっているタイプ」。

もう1つが「伸びて固まっているタイプ」です。

 

どちらも背中にある大きな筋肉が固まることによって、背中の血流が悪くなり、背中が痩せにくい状態になっています。

 

「筋肉が固まる」と言っても、縮んでいるばかりではなく、「伸びても固まることもある』ということがポイントです。

 

実は筋肉は縮んでも固まりますが、過剰に伸ばされていても固まるんですね。

 

筋肉が「伸びて固まる」ということは、「縮んで固まること」と比べると、少しイメージしにくいかも知れませんね。

 

伸ばされて固まることに関しては、ゴムをイメージしてもらうとわかりやすいかと思います。

ゴムは軽く引っ張っても硬さには大きな変化はありませんが、伸ばすほどゴム自体が硬くなりますよね。

 

筋肉もゴムのような性質があるので、意外にも伸ばされるほど硬くなってしまうんです。

 

話を戻して、背中が痩せにくい状態が2つあると言うことは、痩せるためのポイントも、そのタイプごとに考えていく必要があります。

 

極端なことを言えば、縮んで固まっているタイプの人が、伸びて固まっているタイプの方法で痩せようと思っても効果は出にくい、下手をすると逆効果になってしまう可能性もあるということです。

 

大切なことは、あなたの背中が縮んで固まっているのか、それとも伸びて固まっているのかを知ること。そして、それぞれに合った解決方法を試してみることです。

 

次は背中が痩せにくいタイプごとの特徴と解決方法をお伝えしていきます。

 

縮んで固まっているタイプの姿勢と背中痩せのポイント

 

背中が縮んで固まっているタイプの人は、姿勢の特徴として「骨盤が前に傾いている」ことが多いです。

 

骨盤が前に傾いている姿勢は、例えば「反り腰」などが代表的な姿勢です。

 

骨盤が前に傾いていると、骨盤の動きに連動して腰の骨を中心に、背骨が反るようになります。

 

背骨が反ると、背中にある「広背筋」や「脊柱起立筋」などの身体を反らせる働きのある筋肉が縮んで固まりやすい状態になります。

 

縮んで固まっているタイプの人に対するオススメの解決方法は、固まっている筋肉を一度伸ばすことで筋肉を休ませ、背中の血流を改善させることです。

 

筋肉を伸ばすときの注意点としては

①伸ばす時間は30秒〜1分程度

②痛いと感じるまでは行わない

③ゆっくりと徐々に行う

ことがポイントです。

 

よく、「痛い方が効いている気がする」と言う方がいますが、あれは間違いです。

 

痛みが強い場合、痛みをこらえるために筋肉に力が入るため、ストレッチをしているときは伸びているように感じると思いますが、ストレッチが終わった後は、伸ばす前より硬くなっていることが多いです。

 

【縮んだ背中をスッキリさせる具体的な方法】

本来であればストレッチは、筋肉を個別に伸ばす方が効果的です。しかしそのためには筋肉の場所や作用などを知らないとうまく伸ばすことができず、効果が半減します。

 

そのため、初心者の方にオススメするのが、背中を全体的に満遍なく伸ばすストレッチです。

 

方法ですが、まず仰向けに寝ている状態から始めます。

①両膝を抱えて丸くなります。

②背中の張り感に合わせて、さらに上半身を丸めていきます。

③余裕がある場合、その状態のまま前後に揺らしていきます。

 

仰向けで背中を丸めることで、筋肉を満遍なく伸ばすだけでなく、床を使って筋肉をほぐすこともできます。

力加減の調整も簡単なので、先ほどのストレッチの注意点を参考に筋肉の伸びを感じてみてください。

期間限定セール

期間限定!お見逃しなく!!!

みんなのダイエット チャットで栄養相談は、2週間と4週間もプランをご用意していますが、今回、このページを読んでくださったあなただけに、2週間プランを30%オフでご案内させていただきます! こんなに簡単な工夫で、毎朝の目覚めがスッキリ、体脂肪も少しづつ減ってきた。お肌の調子も上がってきた。そんな声も聞かれるみんなのダイエット チャットで栄養相談を受けていただく,またとない機会です。 この機会に、是非ご利用ください。
みんなのダイエットへようこそ

続きを見る

-ダイエット

© 2023 みんなのダイエット